スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心躍る個性派プリント 大阪・帝塚山発「レジィーナロマンティコ」(産経新聞)

 【ファッション・ナビ】花のモチーフのプリントファッションがあふれる今シーズン。そんな街にあって、ひときわ目を引く、個性的なプリント使いのブランドがある。「レジィーナロマンティコ」。ヨーロッパのインポート商品を扱うショップのオリジナルブランドだ。

 「本当に好きなものをと、オリジナルを始めました」とオーナーの阪口元美さん。アメリカで多く見かけた、プリントのジャージー生地を採用。着やすくて、シワになりにくく、自宅で洗えるという機能性と、発色のきれいさに注目した。

 知人のパタンナーにも協力してもらい、生地の特長を生かしながら、ほっそりとみせるシルエットを作り出している。

 「例えば、隠しがちな背中もちゃんと体にフィットさせることですっきり見せることができます」

 襟の大きさや胸もとの空きにも細かくチェック。袖口やボタンホール、見ごろ裏のパイピングには鮮やかな差し色を使って、アクセントにするなど、ディテールにも手を抜かない。

 アイテムはワンピースに、ジャケットとスカートのセットアップタイプが中心となる。シーズンを問わない素材感ということで、毎月ごとに5点から10点の新作が登場する。また、ショップでは、セミオーダーできる。

 さて、ポイントとなる柄。ショップのスタッフも一緒に選ぶとのことだが、「私自身はペイズリーやチェックなどのクラシックなものや紋章が好きです。あと、水玉やアニマル柄も…」とにこやかに続けていく、阪口さん。着ているスーツは、タツノオトシゴが描かれたもの。ラッキーモチーフとのことだが、何ともユニークで、かわいらしさもある。

 上品さを意識し、「着たときに、ハッと表情が変わり、『これいいわね!』とワクワクする高揚感を大切にしています」。

 7年前、大阪・帝塚山で始めたショップは、福岡、東京、名古屋へと広がり、8月には5店舗目が阪神間にオープンする予定。客層は、20代から80代までとブランドの魅力はエイジレスであるようだ。

 (フリーライター・徳本みどり)

     ◇

 「レジィーナロマンティコ」

 大阪市住吉区帝塚山中3の8の30帝塚山ビル1F-1B

 (電)06・4701・7277

 URL(http://www.reginaromantico.com)

【関連記事】
エリカ様、世界進出? あの“アジアの歌姫”目指す?
公平の「美学」と女性用下着
“花のようにカワイイ”女性向けUSBメモリー
“斬新”デザインに期待 東武百、服飾大学生徒と共同開発
メイサ初ライブ!新曲PVでは黄金パンツ
中国が優等生路線に?

<エベレスト>13歳と50歳の世界記録誕生(毎日新聞)
あす(24日)訪米=防衛相―普天間で国防長官と会談へ(時事通信)
日米合意先行、理解できぬ=社民党首(時事通信)
イタリアンシェフもこっそり買いに来る「生パスタ」(産経新聞)
口蹄疫 新たに5市町9農家で疑い 宮崎(毎日新聞)
スポンサーサイト

<山崎直子飛行士>帰国後初会見 「月や火星にも行きたい」(毎日新聞)

 国際宇宙ステーション(ISS)に約2週間滞在した山崎直子宇宙飛行士(39)が17日、東京都内で帰国後初めて記者会見した。特徴の長い髪を切って現れ、「メキシコ湾の原油流出事故で、毛髪を油の吸着剤に使う試みがあり、協力しました」とボランティア精神をのぞかせた。

 先月20日の帰還直後、「地球の重力で頭に大きな重しを乗せられた感じがした」と話したが、数日で体調は回復。米航空宇宙局の管制官らと意見交換などの業務をこなした。

 会見で、初の宇宙体験を聞かれると「自分の細胞が『なつかしい』と言っている感じ」と表現し、「今後、ISSだけでなく、月や火星に行きたい」と意欲を見せた。また、日本人最後のスペースシャトルの搭乗となった点について、「機械と人が相互にバックアップする優れた設計思想の機体と実感した。この経験を日本の宇宙船開発に生かしたい」と述べた。

 山崎さんは16日に帰国。25日まで滞在し、出身地の千葉県松戸市で帰国報告会などをこなす。【奥野敦史】

体力テスト 市町村別結果、公開へ 大阪府教委 学校別は非公開(産経新聞)
殺人容疑で中国人夫逮捕=府中のマンション女性死亡―警視庁(時事通信)
<民主党>企業・団体献金「党本部」禁止触れず(毎日新聞)
ワクチン投与後に全頭処分へ…政府方針(読売新聞)
金星探査機、打ち上げ延期=天候悪化、21日以降に―種子島(時事通信)

廃棄とんかつ、かつ重に転用販売=食品衛生法違反の疑い-神奈川(時事通信)

 神奈川県の生活協同組合「コープかながわ」のハーモス荏田店(横浜市青葉区)が、賞味期限が切れ廃棄するはずの生のとんかつを冷凍保存、かつ重として調理し再販売していたことが7日、分かった。かつ重には原材料名などが表示されておらず、同区保健所は食品衛生法違反の疑いがあるとして、調査を始めた。
 コープかながわなどが加入する「ユーコープ事業連合」(同市港北区)などによると、販売されたかつ重は「茶美豚のとろとろかつ重」と「茶美豚のとろとろかつ丼」の2商品。3月29日から4月24日まで約250個が販売されていた。
 同月24日に購入者から「味がすっぱい、はき出した」との苦情を受け、同店が調査したところ、売れ残ったかつを使用していたことが判明。内規では売れ残りは廃棄することになっていた。 

各地で真夏日、岐阜・飛騨市では32・3度(読売新聞)
五稜郭公園 桜が見ごろ 北海道・函館(毎日新聞)
医療法人の一般病院、黒字が13年ぶりの70%割れ(医療介護CBニュース)
偽造障害者手帳で高速料金不正割引 連帯労組員10人逮捕 大阪府警(産経新聞)
堀内氏、夫婦二人三脚…地元・甲府で始動(スポーツ報知)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。